彼岸過迄(夏目漱石)

| | トラックバック(0)

文豪・夏目漱石(千円札)の「彼岸過迄」を彼岸過ぎの今日読み終えました。タイミング良しです。ネットの青空文庫でダウンロードしたファイルをPDA用に変換してクリエで電車の中で先月から読んでいました。「三四郎」、「門」も青空で読んだのですが、なぜか夏目漱石の三部作といわれる真中の作品の「それから」がなかなか作業が終わりません。青空はボランティアが運営しているので文句も言えないのですが工作員の方は頑張って下さい。楽しみに待ってます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 彼岸過迄(夏目漱石)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://amarino.jp/movabletype/cgi-bin/mt-tb.cgi/4

このブログ記事について

このページは、adminが2004年9月24日 21:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「秋分の日」です。

次のブログ記事は「ごはん茶碗」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。