男の涙

| | トラックバック(0)

朝食は50種類のバイキングです。3泊とも朝食は和食にしてお粥を食べていました。梅干とお粥と納豆が定番なのですが,今回はその他のオカズが盛り沢山でした。お腹いっぱい。


さて,9時30分発のゴジラ岩観光のカムイワッカ3号にて知床クルーズ。硫黄山コースという1時間で帰ってくる短いコースですが,知床岬までのコースは3時間と長いので子供達が飽きるのではとの家人の選択です。途中見えるのが,オホーツク海に流れ落ちている滝「男の涙」です。



男の涙

P975655_050806_0935~01.jpg


確かに帰りは沖をクルーズしてくるだけなので,景色を見るだけで退屈かもしれませんが,いつか知床岬まで行ってみたいです。シーカヤックで行くのも良いかもしれません。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 男の涙

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://amarino.jp/movabletype/cgi-bin/mt-tb.cgi/103

このブログ記事について

このページは、adminが2005年8月 6日 09:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「乙女の涙」です。

次のブログ記事は「銀座松坂屋ビアガーデン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。