admin: 2009年6月アーカイブ

家から2時間22分、47km走って羽村取水所に到着しました。
P715081_090628_0947~01.jpg多摩川サイクリングロードに二子多摩川から入って、最上流地点がここです。ここから玉川上水が始まっています。府中あたりはたくさんの自転車とすれ違うのですが、立川を越えるとサイクリングの人は少なくなるように感じました。最後は「たまリバー50キロ」の看板があるだけで結構あっさりしてます。

今朝の自転車ツーキン情報です。ついつい気がつくとしゃかりきになって走ってしまうのはなぜでしょう。この速さだと電車より早いです。だんだん慣れてきました。


環七、井の頭通り、青山通り、内堀通り、桜田門から皇居、東京駅前、日比谷通り、本郷通りを通りました。




本日の朝ツーキン記録(代田→湯島)


時間41分35秒


距離14.29km

今朝の自転車ツーキン情報です。ちょっとしゃかりきになって走ってしまったので記録が出ました。記録にこだわらずにあまり無理しないようにします。坂道できついのは青山通りの総理官邸前のです。ここを回避するルートを探したいと思います。外堀通りで永田町を迂回して国会議事堂の前を通って桜田門に抜ける道を試してみようと思います。



本日の朝ツーキン記録(代田→湯島)


時間44分04秒


距離14.42km

184.7km
P574847_090623_1251~01.jpg

先週の土曜日に2回目の自転車ツーキンをしたので、今日は3回目です。朝の天気は曇りで、環七、井の頭通り、青山通り、内堀通り、本郷通りと気持ち良く来たのですが、午後になって雨が降っています。このまま降ったら帰れないから飲まなきゃいけないし(飲む必要はないのですが…)。


今朝の発見は皇居の桜田門から自転車と歩行者は皇居内に入れて気持ち良いことがわかりました。



本日の朝ツーキン記録(代田→湯島)


距離15.23km


時間48分42秒

多摩川サイクリングロードの左岸を二子玉川から上流に向かって中央高速と交差する少し先まで走りました。約22kmの道ですが、走りやすいところと走りにくいところがはっきりと分かれていました。世田谷区は一部未舗装、狛江市はかなり未舗装、府中市は快適な感じでした。もっと頑張ってよ世田谷区!朝10時位に家を出て、午後1時前には家に着きましたから約3時間の道のりでした。信号待ちが無いのと、車に気を使わなくて良いのが楽です。歩行者とランナーはそれなりにいるので、はねないように気をつかいます。


中央高速を越えたところで一般道に迂回しなければならないため、戻りましたが、次回は終点まで行ってみたいです。

本日、自転車ツーキニストとしてビアンキのルポD2009でデビューしました。


自宅の世田谷(代田)から環七、甲州街道、靖国通り、外堀通りと車の多い道ばかり通ってお茶の水まで13kmを50分程かけて到着しました。結構、汗かきました。電車使うのと時間はほとんど変わりません。帰りは靖国通り、甲州街道、環七を通りました。途中でぱらぱらと雨が降ってきましたが、本降りにはならなかったので助かりました。


 数年前より夏に着いた浮き輪がとれずに困っておりますが、この自転車通勤によって解消をはかりたいと思います。不安なのは夜飲んでしまうと飲酒運転になってしまうので、自転車を会社においていかなければならず、それが常習化することを危惧してます。


飲酒運転は道路交通法の罰金の対象となるようです。もちろん自転車の運転免許の停止や取り消しはありませんけどね。

ついに納品。
P714653_090607_1128~02.jpg



昨年の10月28日に会社の近所の自転車屋マイロードに注文したビアンキのルポ(イタリア語で狼らしいです)の特別限定車D(Discブレーキ)が8か月の準備期間を終えてやってきました。


自転車屋オーナーのKさんからギアシフトの仕方など教わり、ヘルメットを被って50分程で家に着きました。晴れていたので良かったのですが日に焼けました。

オーランドより帰国しました。


新型インフルエンザは心配してません。


アメリカではマスクをしている人はごくまれです。まず、日本人です。ASCOのような何万人も参加する学会であっても5000人くらい見渡してもマスクをしている人は見当たりません。マスクをしているような人は外出してはいけないという考えのようです。


帰りの飛行機はワシントンDC経由の全日空一便だったのですが、成田に着くと機内で検疫があり、少し具合の悪い人がいるということで10分から20分待たされたものの、なんとか降ろしてもらえました。「申告する人も勇気があるよね」などという会話も聞かれました。うーん、確かにそうだけどたまたま近くにその人がいて濃厚接触者になってしまったら、しばらくホテル住まいになってしまうのでしょうか。人の迷惑を考えると判断が難しいところです。


それでも疎まれるのは嫌なので今日と明日は外出をやめて自宅待機しようと思います。

最終日の朝は会場は結構閑散としていました。学会バスも空いていました。アメリカ各地から参加の方は昨日で帰ってしまった方も多いと見受けます。セッションは午前中で終了です。


午後は久々のオフということで、ケネディ宇宙センターに行きました。オーランドから車で40分ほど東に走ると海に出るのですが、その広大な敷地にNASAの研究施設や打ち上げ施設があり、一般にも開放しています。打ち上げのある日は入れないそうです。ビジターツアーに参加してバスで3か所回りました。


最初はLC39という昔の打ち上げ台を改造した展望台で、3kmくらい向こうにスペースシャトルの発射台が見えます。なんとラッキーなことにオレンジ色の筒に張り付いたスペースシャトルがいました。13日に発射するとのことです。ラッキーではありましたが、オレンジ色の先っちょが見えるだけで本体はほとんど確認できませんでした。


次はアポロ/サターンVセンターです。サターンVロケットは363ftの長さです。めっちゃ大きくて感動します。物凄く第一段ロケットや第2段ロケットが大きい割に、月探査モジュールとコントロールセンターの部分は小さく、狭いです。

オーランド朝の9時です。


昨日はポスターを貼りました。ポスター会場も進化しており、今回はポスターの裏側に直径2cmの円形マジックテープに両面テープがくっついたものが配られていました。ポスターの裏側にマジックテープを貼りつけるようになっています。貼る場所はフェルト状になっていて何度でも貼り替えができます。


使用方法の説明はありませんでしたが、ポスターの裏側とフェルト部分の両方にマジックテープを貼ってそれを合わせようとしている人がいました。それじゃつかないってば…。

このアーカイブについて

このページには、admin2009年6月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはadmin: 2009年5月です。

次のアーカイブはadmin: 2009年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。